このページを友達に教える
お気に入りに追加する
 
 全日制について
 学生の皆様へ
 理事長あいさつ
 学校長あいさつ
 学校の歩み
 学校概要
 学校案内
 教職員紹介
 学則
 授業・単位
 授業科目のねらいと
  教育内容
 基礎分野
 専門基礎分野
 専門分野I
 専門分野II
 統合分野
 高等教育の
 修学支援新制度申請内容
 実務経験のある教員等
  による授業科目
 進度表
 授業計画(シラバス)
 単位の認定
 卒業の認定
 GPA算定
 自己点検・自己評価
 学校関係者評価結果
 学生生活
 在校生の声
 卒業後の進路
 先輩からmessage
 卒業後の進路
インフォメーション
このサイトについて
 
先輩からMessage
     
 
N,U  平成19年3月卒業
 私は、卒業後大分大学医学部附属病院に就職し、手術室で3年半勤務しました。多くの手術を経験させてもらい、整った学習体制の中で充実した日々を過ごしました。現在は、大分県立病院の救命救急センターに勤務しています。様々な症状の患者様が来院します。1分1秒を争う現場の中でいろんなことを観察し、医師と共に一人の患者様を救う・・・やりがいがあります。これから入学される皆さんも辛いことがたくさんあるかもしれませんが、自分の目標に向かって頑張ってください。


T,A  平成19年3月卒業
 私は現在、大阪にある済生会千里病院、千里救急センターに勤めています。
 多くの救急患者が搬送されてくる多忙な毎日です。
 素早く的確な判断が患者さんの予後を決めるため気を抜くことはできません。
 しかし、重症で運ばれてきた患者さんが一命をとりとめ、回復し社会復帰して会いにきてくれた時の喜びは言葉では言いあらわせません。
 看護師は、病気だけでなく患者の心、家族の心のケアにも関わることのできる大変素晴らしい仕事であると実感しています。別府大学附属看護専門学校の先生達はとても親身になってくれ知識だけでない部分も多く学ぶ事ができました。
 ぜひ、別府大学看護専門学校で学び看護師として共に成長していきましょう。


E,Y  平成19年3月卒業
 私は卒業後別府市内の甲状腺専門病院に勤務しています。
 学生時代は訳も分からず勉強していました。
 実際、患者様と携わるようになり、又看護していくうえで一番に感じた事は、何故?という疑問に思うことです。
 この何故?と疑問に思うことがその患者様の看護へつながっていきます。
 例えば、何故この検査が必要なのか?何故この薬が始まったのか?と考える事で患者様の身体が見えてきます。
 是非、何故?と感じてみて下さい。きっと国家資格にも役立ちます!!


H,T  平成17年3月卒業
 私は、別府大学附属看護専門学校卒業後、保健師の学校に進学し、現在は、神戸市で看護師として働いています。神戸では、企業の病院で混合内科病棟に所属しています。
 呼吸器内科・循環器内科、寝たきりの方やターミナルを迎える方、色々な患者様に出会い、すごく忙しい毎日ですが、笑顔を大切に頑張っています。
 別府大学附属看護専門学校では、苦しかった実習もありましたが、すてきな仲間に恵まれ、充実した学生生活をおくることができました。この学校で、出会った仲間は、卒業した今でも、連絡をとり、仲良しです。
 在校生及びこれから入学される方、新たな出会いを大切にしてほしいと思います。


N,S  平成17年3月卒業
 私は大分市内の病院の循環器&呼吸器内科病棟に勤めています。
 循環器ということもあり忙しい毎日ですがやりがいもあります。学生生活時代は苦手だった循環器でしたが、実際に働き、日々学ぶ事でとてもおもしろく感じています。
 別府大学附属看護専門学校で過ごした日々は、正直とてもつらかったです。実習期間は何度もめげそうになりました。しかし、そんな中で一緒に同じ夢に向かって頑張っている友人の存在がとても大きかったです。
 そんな仲間は今でも連絡をとりあい、励まし合える仲間です。この仲間に出会えた事に感謝しています。
 これから入学される皆さんも友人との出会いを大切にしてください。


K,H  平成17年3月卒業
 私は卒業後、近畿大学医学部附属病院の循環器内科で働いています。
 毎日処置や検査で忙しいですが、医師、看護師とスタッフ同士が仲良く、楽しい職場です。学生時代勉強・実習が嫌になる事もあり、先生方に迷惑をかけたと思いますが、先生方の指導のおかげで、ここまでこれたと思います。看護の現場はきびしい場面が多いと思いますが、先生方・友人とともにがんばってください。
  是非、一緒に働いてみませんか。


D,S  平成16年3月卒業
 私は今、近畿大学医学部附属病院で働いています。病院では覚える事が多く大変だと感じる事がありますが、学生時代に自己学習をする習慣がついたお陰で、今とても 助かっています。
  医師からの指示を受ける時は、なぜこのケアがこの患者さんに必要なのかを理解して受けないといけません。学生時代に学んだエビデンスも今大変役に立っています。

  別府大学附属看護専門学校では、看護をしていく上で必要となる倫理や看護感を学び、又エビデンスを考える教育を受けました。

  あなたも別府大学附属看護専門学校で学びませんか。


K,M 平成12年3月卒業
 私は卒業後、大分県立厚生学院に進学し、保健師、助産師の資格を取得しました。現在は、助産師をしています。就職して3年、分娩介助し取り上げたbabyは約200人。帝王切開や受持った方を含めると倍の人数になります。母と子、2人の命を委ねられ責任は重大であり、緊張の連続です。でも無事、生まれたbabyと母の笑顔に感動し、喜びも倍になります。生命の誕生する瞬間に立会えることができ幸せです。保健師、助産師、看護師等進路は様々です。努力は夢を現実にします!自分の力を信じて頑張って下さい。
 
 
HOME
 
 Copyright 2003 nurse school of Beppu University All Rights Reserved.         別府大学WEBサイトへ