このページを友達に教える
お気に入りに追加する
 
 全日制について
 学生の皆様へ
 理事長あいさつ
 学校長あいさつ
 学校の歩み
 学校概要
 学校案内
 教職員紹介
 学則
 授業・単位
 授業科目のねらいと
  教育内容
 基礎分野
 専門基礎分野
 専門分野I
 専門分野II
 統合分野
 高等教育の
 修学支援新制度申請内容
 実務経験のある教員等
  による授業科目
 進度表
 授業計画(シラバス)
 単位の認定
 卒業の認定
 GPA算定
 自己点検・自己評価
 学校関係者評価結果
 学生生活
 在校生の声
 卒業後の進路
 先輩からmessage
 卒業後の進路
インフォメーション
このサイトについて
 
学校案内
     
 
教育理念
生命の尊重を基盤とした豊かな人間性を養うとともに主体性・創造性をもち、対象を尊重する姿勢をもち、広い視野で社会に貢献できる看護師の育成をめざす。
教育目的
看護師として科学的思考を高め主体的に学習し、社会のニーズに対応できる基本的知識・技術・態度を修得できる人材を育成する。
教育目標
  1. 看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解する能力を養う。
  2. 人々の健康と生活は、自然・社会・文化的環境の変化により影響し合うことを理解する能力を養う。
  3. 人々の多様な価値観を認識し専門職業人としての共感的態度及び倫理に基づいた看護を実践できる基本的能力を養う。
  4. 人々の健康上の課題に対応するために、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基本的能力を養う。
  5. 健康の保持増進、疾病予防と治療、リハビリテーション、終末期などの健康水準や心身の障害に応じた看護を実践するための基本的能力を養う。
  6. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践する基本的能力を養う。
  7. 看護師として生涯にわたり、社会の変化をとらえ、最新知識・技術を自ら学び続ける基本的態度を養う。
学校の概要
 本校は国際観光温泉文化都市である別府市の中央部に位置し風光明媚な別府湾を望み、雄大な鶴見岳の山裾に広がる扇状地にあり、朝な夕なに湯けむりがみられる大自然に恵まれた大変良い環境です。
 1970年4月准看護師から看護師への全日制の進学2年課程の別府青葉高等看護学院として創設。1972年2月別府大学附属高等看護学院と校名変更。1976年12月から別府大学附属看護専門学校として今日に至っています。
 設置主体の学校法人 別府大学は、別府大学(文学部、食物栄養科学部、国際経営学部の3学部)、別府大学短期大学部、高等学校、中学校、小学校、幼稚園、保育園を設置しています。基礎分野の講義は大学・短期大学部の教授陣が担当し、小児看護学では学園内の幼稚園、保育園での実習も行っています。また、体育館、健康センター、室内プール、博物館、図書館、パソコン教室等、大学・短期大学部の施設もあります。
 2017年(平成29年)放送大学と連携協力関係を結びました。学士への道が開かれました。
※本校では臨床経験のある学生や30代、40代の学生も多く入学しています。

履修科目

分  野 単 位 数
基礎
分野
科学的思考の基盤 3
人間と人間生活の理解 5
小 計 8





人体の構造と機能
2
疾病の成り立ちと回復の促進 9
健康支援と社会保障制度 4
小 計 15




基礎看護学 8
臨地実習 基礎看護学 3
小 計 11




成人看護学 3
老年看護学 3
小児看護学 3
母性看護学 3
精神看護学 3



成人看護学 2
老年看護学 2
小児看護学 2
母性看護学 2
精神看護学 2
小 計 25



在宅看護論 3
看護の統合と実践 4
臨地
実習
在宅看護論 2
看護統合 2
小 計 11
単 位 合 計 70
総 時 間 数 2,220時間以上

称号の授与

専門士(専門課程看護科)

卒業後の取得資格

1.看護師国家試験への受験資格
2.保健師・助産師・養護教諭の養成機関への受験資格
3.4年制大学への編入学資格

諸経費

1   年   次


入学金 300,000円
授業料(実習費を含む) 550,000円
教育充実費 50,000円
その他 白衣代・教科書代等 約200,000円
2   年   次


授業料(実習費を含む) 550,000円
教育充実費 50,000円
 2年間の必要経費(国家試験関連等含む)
約200,000円
 
 
HOME
 
 Copyright 2003 nurse school of Beppu University All Rights Reserved.         別府大学WEBサイトへ